アルバム

関ジャニ∞1stアルバム「KJ1 F・T・O」の魅力を改めて徹底解剖!

関ジャニ∞ アルバム「KJ1 F・T・O」

2006年3月15日、関ジャニ∞ファン待望の1stアルバム「KJ1 F・T・O」発売。KJ1というのはKanJaniの1枚目、F・T・OはFunky Town Osakaを意味しています。
当時から名曲と言われた「大阪ロマネスク」は、今もなおエイター人気ナンバーワンと言って過言ではないエイトの代表曲となった楽曲も当初はこのアルバムの曲でした。さらにデュオ曲やすばるBAND、三兄弟の曲も魅力的なチューンが収録されました。普遍の人気曲「ミセテクレ」もこのアルバムから!シングル曲はオリジナルとは違ったヴァージョンで楽しませてくれる全14曲+2曲。
推定売上枚数:21万4000枚
オリコン最高位:2位

収録曲は16曲!

1.F・T・O

作詞・作曲:樋口了一
編曲:CHOKKAKU
歌詞と歌割・パート

これぞ関ジャニ∞!というお祭り・和テイスト・関西弁で、リード曲として絶妙な曲が1曲目。彼らが大切にしている「つかみはOK!」一人ずつソロで繋いでFunky Town Osakaからやってきたお兄ちゃんたちを表現している曲です。

2.悲しい恋

作詞:MASA
作曲・編曲:馬飼野康二
歌詞と歌割・パート

ラップと演歌の融合が絶妙です。
イントロからゾクゾクし、演歌調なのだけどブルース?ボサノヴァ?っぽさの古風な洋楽な雰囲気も兼ね備えたメロディ。恋に破れて「鮮やかな記憶の波 寂しくて溺れそう」な気持ちを叙情的に歌っています。
個人的にとても好きな歌です。

3.大阪ロマネスク

作詞:相田 毅
作曲:谷本 新
編曲:ha-j
歌詞と歌割・パート

レビューはこちら:大阪推しだけど真逆な2曲「∞SAKAおばちゃんROCK / 大阪ロマネスク」

4.太陽の子供

作詞:MASA
作曲:馬飼野康二
編曲:長岡成貢
歌詞と歌割・パート

冒頭から「頑張って」と、エイトくんたちに励まされ、ついニヤついてしまう曲です。誰しもが唯一無二の”太陽”の子供であり、大きな愛に包まれているから、大丈夫だよ。と。

5.Carnival

作詞・作曲:樋口了一
編曲:森 俊之
歌詞と歌割・パート

丸山くんと大倉くんのユニットデュオ曲。下ハモを担当することが多い二人らしく、イントロからハモバッチリ!それぞれのソロ部分含め、優しい声と「自分のペースで進めばいい」と言ってくれているような歌詞に、ふっと癒される気持ちになれます。

6.無限大[KJ1mix]

作詞:MASA
作曲・編曲:馬飼野康二
歌詞と歌割・パート

レビューはこちら:いろいろな関ジャニが楽しめる1枚「好きやねん、大阪。/桜援歌/無限大」

7.果テナキ空

作詞:久保田洋司
作曲:飯田建彦
編曲:長岡成貢
歌詞と歌割・パート

ジャニーズ王道なメロディーラインを、安田くんと錦戸くんの同い年ヤンマーコンビでデュオ。同期だからこそ、「今度会えるまでに強くなっていよう。心から大切な人のために」をお互いに誓い合う歌詞も、若きエイトを応援したくなる曲です。

8.Heat is on

作詞:MASA
作曲:馬飼野康二
編曲:長岡成貢
歌詞と歌割・パート

イントロは後に関パニのジングルに使われました。声がまだ若いながらも、かっこいい系の曲にはそのように歌いこなしているなと感心してしまいます。甘く高い声が特徴的だった錦戸くんのサビの歌声にも癒されます。

9.ミセテクレ

作詞:飯岡隆志 / RAP詞:安田章大
作曲:飯岡隆志
編曲:清水昭男
歌詞と歌割・パート

ライブの必須曲!ギター・サウンド炸裂な上に、低音で叩きつけるような大倉くんのラップ、すばるくんと錦戸くんの熱唱が最高にかっこいい曲。
大好きな人の全てを愛したい!愛するがゆえに知らない彼女がまだいるのでは?と不安に思う男心を、自分を奮い立たせるように歌うところが、ライブでも魅力満点の曲です。

10.桜援歌(Oh!ENKA)[KJmix]

作詞:MASA
作曲・編曲:馬飼野康二
歌詞と歌割・パート

レビューはこちら:いろいろな関ジャニが楽しめる1枚「好きやねん、大阪。/桜援歌/無限大」

11.それでイイんじゃない

作詞・作曲:成海カズト
編曲:石塚知生
歌詞と歌割・パート

村上くん、錦戸くん、大倉くんのユニット曲。この曲も後に関パニでジングルに使われるイントロです。「昨日より楽しければイイ」と立ち止まっても、いつまでも引きずらず、上を向こうという気持ちになれる曲です。

12.ONE

作詞:SUBARU
作曲:安田章大
編曲:すばるBAND
歌詞と歌割・パート

すばるBANDの代表曲。
「本当は恐くて 誰より弱くて それでもただ前に進まなければ」手を伸ばしてつかみ取れば花が咲く!すばるくん作詞の歌詞は、誰しもの心にある葛藤を表現している。安田くん作曲のメロディとすばるBANDの編曲、演奏はボーカリスト渋谷すばるのセクシーさを引き立てていて、最強な楽曲になっています。
アルバムクレジットより:すばるBANDが演奏も担当しています。

13.大阪レイニーブルース[ver.KJ1]

作詞:MASA
作曲・編曲:馬飼野康二
歌詞と歌割・パート

シングルとは異なり、すばるくんのソロパートから始まるversion。ライブでもこのアレンジで聴かせてくれます。

関連記事はこちら:関ジャニ∞2ndシングルは「大阪レイニーブルース」4人だけでMV撮影?!

14.好きやねん、大阪。

作詞・作曲:イイジマケン
編曲:吉岡たく
歌詞と歌割・パート

レビューはこちら:いろいろな関ジャニが楽しめる1枚「好きやねん、大阪。/桜援歌/無限大」

三兄弟が満載のDisc2

15.プリン

歌唱:三兄弟横山裕、渋谷すばる、安田章大)
作詞:ユウ
作曲:チパ
歌詞と歌割・パート

三兄弟は、ユウ(横山裕くん)、バル(渋谷すばるくん)、チパ(安田章大くん)によるユニット。横山くんは自分の経験を詩にする天才!確かに一般受けする歌詞ではないけれど、横山裕くんらしさが全面に出ている愛嬌のある微笑ましい歌詞。それを支える安田くんの曲とすばるくんのボーカル。少し照れるけど、ちっさなエイターでもすぐに真似できる歌と振り付け!

16.オニギシ

歌唱:三兄弟(横山裕、渋谷すばる、安田章大)
作詞:ユウ
作曲:チパ
歌詞と歌割・パート

横山くんは家族を仲間を本当に大切にする人だと、彼の発言を聞いていると思います。ライブでは弟さんの話をよくしてくれ、お母さんやおじいちゃんの思い出を歌詞にすることも多い。この曲もそれを象徴する曲で、お母さんとの思い出から、本当に愛を注がれ愛を注ぎ、だからこそ横山くんは愛いっぱいの人になったんだなと、多くのエイターはこの曲を聞くと泣いてしまうことでしょう。

形式と特典


<初回限定版>
・DVD『Spirits!!』のバックステージ映像


<通常盤>

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
pino

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP