反乱のボヤージュ-横山裕

ドラマ

2001年の学生運動「反乱のボヤージュ」| 横山裕出演ドラマ

「2001年の学生運動」として2夜連続放送されたドラマ「反乱のボヤージュ」を紹介。

概要、キャスト、あらすじ

放送:前編/2001年10月6日、後編/10月7日
脚本 / 野沢尚

キャスト

横山くんは教育学部一年生。応援団員を演じます。

坂下薫平 / 岡田准一
司馬英雄 / 八嶋智人
本多真純 / 山口紗弥加
神楽敏章 / 岡本健一
田北奈生子 / 新山千春
薩川あゆみ / 鈴木えみ
立花 / 宮迫博之
葛山天 / 横山裕
久慈刑事 / 渡辺いっけい
江藤麦太 / 堺雅人
宅間玲一 / 津川雅彦
名倉憲太朗 / 渡哲也

あらすじ

野沢尚さん公式サイト > http://nozawahisashi.jp/works/02_039.html

前編

首都大学のキャンパス内には弦巻寮という老朽化し時代の遺物のようになった寮がある。大学側が廃寮を進める中で、3カ月前の小火騒ぎをきっかけに、大学側は寮の電気を止めるなどし、廃寮に反対する40名の寮生と対立していた。寮に舎監を置くという条件を寮生が承知するなら、寮の存続を認めるという条件を承知し、舎監の名倉がやってきた。
名倉は、寮生達がその存在すら知らなかった昔に作られた寮則を持ち出してきて、その寮則を守れなかった場合は寮を大学側に明け渡すことが明記されていると話した。しかたなく寮則を守ろうと必死になる学生達。しかし、名倉が元警察機動隊のOBだとわかり、名倉の存在は、大学側が寮生を追い出すためのものだと感じた寮生達は反発する。寮生の薫平は、名倉に父親の姿を重ねて見るようになるが、学生達に厳しい名倉に失望を感じることも。しかし、寮生の田北奈生子へのストーカー事件を名倉が体を張って解決したことから、しだいに寮生達は名倉を信頼するようになる。

後編

首都大学の学生問題研究会の学生2人が殴られて大怪我をした。容疑者として警察は弦巻寮の学生を疑い、麦太に任意で出頭するよう求めてきた。無実を訴える麦太を、警察に渡すまいとする名倉と大学側が対立する。結局、犯人は捕まり麦太の無実は証明されたが、今度は田北奈生子の留年が決定したことから、寮則によって寮生達は寮の自治権を失うことに。そして、寮の取り壊しを強制執行しようとする大学側と寮生らは対立。名倉も寮生の味方をしたため、大学から解雇され、警察に引き渡されることに。寮に立てこもった寮生達と名倉だったが、強制執行は容赦なく進み、建物は重機によって破壊され、学生達は取り押さえられた。ところがそのとき、奈生子の留年は、大学側が担当教授に強要したものだったことが、担当教授の謝罪によって判明した。横暴な大学側の強制執行は中止となった。そんな中、名倉は自ら連行され警察へ。だが、静かに去って行く名倉が学生達の心に残したものは大きかった。

横山くん的見どころ、動画

前編の動画1

前編の動画2(冒頭、一部画像が乱れます)



▼関ジャニ∞出演のドラマ一覧はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. ゆかりの地

    錦戸亮ちゃんとつかポンの足跡!ウチの夫は仕事ができないロケ地巡り
  2. biography

    関ジャニ∞バイオグラフィー -2017年|出演情報
  3. アルバム

    関ジャニ∞「ジャム」豪華な楽曲提供陣のパワーとエイトの歌力
  4. ライブ

    関ジャニ’sエイターテインメント ジャム日程,セトリ,WS情報!
PAGE TOP