ちょんまげぷりん

映画

錦戸くん初主演映画は時空を超えるお侍「ちょんまげぷりん」| Blu-ray化決定!

錦戸亮くん初主演映画は、なんと180年前から現代にタイムリープしてしまったお侍の役。巡り合った親子との心温まるファンタジー作品を紹介します。

公開日:2010年7月31日(土)
上映時間:108分
配給:ジェイ・ストーム

スタッフ・キャスト

◆スタッフ
監督:中村義洋
原作:荒木源『ちょんまげぷりん』(小学館文庫刊)

◆キャスト
木島 安兵衛 / 錦戸亮
遊佐 ひろ子 / ともさかりえ
遊佐 友也 / 鈴木福
田中 / 今野浩喜(キングオブコメディ)
城崎 / 堀部圭亮(上司)

ちょんまげぷりん-フライヤー

ストーリー

遊佐ひろ子(ともさかりえ)は、子育てと仕事の両立に悩むシングルマザー。やんちゃ盛りの1人息子、友也(鈴木福)とわがままなクライアントに挟まれ、生活費も値上がり。四苦八苦の毎日を送っていた。冴えない毎日にストレスを溜め込んでいたある日、着物にちょんまげ姿の男に出会う。その男の名は木島安兵衛(錦戸亮)。180年前の江戸時代からやってきた本物の侍だった。

なぜ、現代の東京にやってきたのか安兵衛自身も訳が分からず、江戸から東京、街の激変ぶりにただ呆然とするばかり。帰る方法は見つからず、行く当てもない安兵衛は、成り行きで遊佐家に居候することに。すると安兵衛は、恩返しに遊佐家の家事すべてを引き受けると宣言する。初めは俳優か頭のおかしい男だろうと思っていたひろ子も、一生懸命に家事をこなす安兵衛の姿を見て考えを改める。ハンバーガー店では大騒ぎする友也をたしなめて礼儀や男らしさを教え、熱を出せば心を込めて看病する。現代では見られない筋の通った男らしさは新鮮で、ひろ子は安心して仕事に打ち込み始める。父親不在に慣れていた友也もひろ子同様。大人の男と一緒に暮らして守られたり、キチンと叱られたりする安心感を初めて知るのだった。このまま3人でずっと暮らしていくことを考え始めた頃。秘められていた安兵衛の才能が開花する。それはお菓子作り。友也のために作ったプリンがきっかけだった。江戸時代ではお役目から遠のいていた安兵衛。刀をナイフに持ち替え、パティシエとしての実力を認められたことで、初めて働く喜びを知ることになる。だが、やがて手作りケーキコンテストに出場することが決定すると、3人の間に築かれた微妙なバランスが崩れ始める……。
movie walkerより

舞台挨拶

◆完成披露試写会
錦戸中毒さんのブログに、挨拶内容など掲載されています。
ちょんまげぷりん完成披露試写会舞台挨拶レポ
挨拶が苦手なのは昔から全く変わらず、読むだけでその姿が眼に浮かぶようです。

のちにビッグな子役さんとなった鈴木福くんの「錦戸」と呼び捨てにするエピソードが会場を和ませてくれました。

撮影中に錦戸を呼び捨てにしていたことが判明した5歳の鈴木が「錦戸が~、錦戸って呼べって言ったから~、錦戸って呼んでました」とあどけない表情で語る
Oricon NEWSより

◆初日舞台挨拶
東京・大阪・名古屋で開催された舞台挨拶
∞・・・Love the Earth・・・∞さんのブログで挨拶の様子が掲載されています。
『ちょんまげぷりん』舞台挨拶付き完成披露試写会

番宣

2010/7/11(日) メシバナ
2010/7/18(日) マルコポロリ!
2010/7/23(金) めざましTV
2010/7/24(土) ズームインサタデー
2010/7/30(金) スッキリ
2010/7/31(土) 王様のブランチ
2010/8/1(日) おしゃれイズム
ほか

DVD、Blu-ray

待望のBlu-ray化が2018/11/7に決定!

Blu-ray(2018.11.7発売)
ちょんまげぷりん-Blu-ray

DVD初回限定版/通常盤
ちょんまげぷりん-DVD初回限定盤 

受賞

雑誌「ぴあ」調査による7月30日、31日公開の映画の満足度ランキングは、NEWS、関ジャニ∞の錦戸亮による主演作『ちょんまげぷりん』がトップに輝いた。
1位の『ちょんまげぷりん』は、お菓子作りの才能を秘めた侍が、江戸時代からタイムスリップし、現代で出会った母子と交流を深めていくファンタジー。出口調査では「面白いのに感動できる」「人と人との深い繋がりや人間性を描いた温かい作品」「錦戸亮はきちんと役作りしていて言葉遣いや仕草などがカッコよかった」など、10代、20代の女性から黄色い声が上がった。また、ともさかりえが演じた子育てに奮闘するシングルマザーの姿も「育児の大変さをきちんと描いていて共感した」「男女関係なく出来ることは一緒にやっていこうという姿勢がいい」など、子育て中の母親たちから高評価を得た。
ぴあ映画生活より

ロケ地

  • お買い物するスーパー > ベニースーパー佐野店
  • 遊佐友也をおんぶして歩いた坂道 > 富士見坂(東京都荒川区西日暮里3丁目7)
  • 初詣に行った神社 > 鬼子母神
  • 待ち合わせた駅 > 東急自由が丘駅(東京都目黒区自由が丘1-9-8)
  • 遊佐ひろ子と遊佐友也が入った和菓子屋「時翔庵」 > 竹むら[食べログで見る]


▼その他の映画については、こちらの一覧からご覧いただけます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP