映画

錦戸亮の演技が絶賛!「羊の木」の舞台挨拶、ロケ地、番宣などまとめ

2018年2月3日公開、映画『羊の木』。
錦戸亮くんが、一皮向けた社会問題を提起する映画の主演に抜擢。何度目?というほどの「公務員」役ですが、スターのオーラが自然な町役場の職員になっちゃう、私たちの生活に入り込んだような、役者錦戸亮の魅力が満載、かつ、衝撃的な内容の映画と、番宣などの情報を紹介します。

ストーリー

寂れた港町・魚深にそれぞれ移住して来た6人の男女。
彼らの受け入れを担当することになった市役所職員・月末は、これが過疎問題を解決するために町が身元引受人となって元受刑者を受け入れる、国家の極秘プロジェクトだと知る。月末や町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は明かされなかったが、やがて月末は、6人全員が元殺人犯だという事実を知ってしまう。
そんな中、港で起きた死亡事故をきっかけに、町の住人たちと6人の運命が交錯しはじめる。

映画.comより

▼予告編

スタッフ・キャスト

◆ スタッフ
監督:吉田 大八
原作:山上 たつひこ いがらし みきお
脚本:香川 まさひと

◆ キャスト
月末 一/錦戸亮:市役所職員
6人の元犯罪者
 ・松田 隆平
 ・優香
 ・北村 一輝
 ・市川 実日子
 ・水澤 紳吾
 ・田中 泯
月末の同級生でバンド仲間
 ・木村 文乃
 ・松尾 諭

羊の木-キャスト

完成披露・舞台挨拶

興行成績:1週目は2位!!→5位→5位→7位と4週にわたってベスト10入り

完成披露試写会

2017/12/13 水

▼錦戸亮に衝撃走る! 右ほほにまさかの・・・

初日舞台挨拶

2018/2/3 土

錦戸亮、観客のリアクションに困惑? ステージ上から気配り見せる
マイナビニュースより

考えさせる内容の映画に、客席が静かな雰囲気になっていたため「リアクションとかしてくれるんですかね? ちょっと大きめの声でしゃべりますね!」と気を使った錦戸。もし知らない土地で違う職業に就くとしたら? という質問に「僕が興味あるのは、左官屋さんですか!? 壁塗ったりとか」と大声で答えた。
職人技をYoutubeで見るの好きで、左官屋さんになりたいです!」と宣言。同作のイベントで鉄製の木を作成したことを「こないだ、溶接もすごく楽しかったので」と振り返り、「TOKIO兄さん越えられるくらいの職人さんを!」と意気込んだ。

錦戸亮 俳優業躍進の陰にあった“あの人”からのアドバイス
女性自身より

「いろんな共演者をぶつけて、攻めれば攻めるほど、どんどん錦戸君自体の輝きが増していくというか、本当に攻め甲斐がある。攻めれば攻めるほど魅力が出てくる」
 個性派揃いの関ジャニ∞のなかでも“正統派”として、一際目を引く錦戸。その存在感のある容姿と演技力から、俳優としての評判も高い。また芸能人のファンも多い。
 その1人がマツコ・デラックス(45)だ。実はそのマツコに、錦戸は激励を送られたことがあった。2017年5月、同じく関ジャニ∞メンバーの村上信五(36)とマツコがMCを務める「月曜から夜ふかし」に出演した際、マツコは錦戸にこう語っている。
 「(村上が“お笑い役”として目立つことで)グループ全体が(村上の)イメージに寄っちゃうじゃん。だからアンタにはもっと頑張ってもらわないといけない。シュッとしてメインでやってればいいんだ、お前は!」
 それはマツコからの“存在感を活かして、俳優業を頑張りなさい”というメッセージだった。それに気づくことで「気持ちがラクになった」と、28日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で錦戸は語っている。

大ヒット御礼舞台挨拶

大ヒット御礼舞台挨拶レポート
記事を読む

本作の“度重なる衝撃の展開”にちなみ、この日は“度重なるサプライズ”演出を実施。第一のサプライズとして、錦戸さんが一般客に交じって本編鑑賞。客席からの壇上への登壇に、会場はファンによる黄色い声で大いに揺れた。
大きなスクリーンで本作を観たのは初めてという錦戸さんは「サプライズになりましたか?たぶん誰も気づいていなかったと思う。でもそれは映画に集中されていたということですね」と嬉しそう。

サプライズ第2弾として、お米大好きな錦戸さん&木村さんにロケ地・富山県産の米計80㎏をプレゼント。壇上に運ばれたうず高く積まれた米袋に「爆発するんとちゃうん?」とドッキリを怯える錦戸さんだったが「吉田監督に40キロ、僕と木村さんで20キロ、20キロでどうですか?」と分け前を計算しつつ「明太子と一緒に食べたい」とニヤリ。

「サプライズにもっとリアクションせな」「羊の木」大ヒット御礼舞台挨拶全文リポート2
oggi.jpより

錦戸:そうですね。でも、今日もたくさん気付きがありましたよ。理解したいって思う作品だから。とりあえず、飲みに行きましょう! 「羊の木」は、いろんな人から見たよって声かけてもらうんです。こうやって吉田大八監督とご一緒できてよかったなって、ほんま、つくづく思いますね。

錦戸:私事なんですけど、前回映画に出たのが4年前で、日本は今、平昌オリンピックで盛り上がってますよね。(オリンピックでは)それ以前にずっと培ってきた練習や経験が結果に繋がると思います。僕も、次は4年後とは言わず、2年後にもオリンピックありますからね。あのー、(オリンピックと違って)冬季限定の理由はないですから、僕は(笑)。もっともっと精進して、素敵な映画を皆さんに届けられるよう頑張ります。今日は朝早くからお集まりいただきありがとうございます!

錦戸亮“脱冬季五輪限定” 次回作へ意欲 前回出演映画はソチ五輪開催時期
デイリーより

現在は平昌五輪まっただ中とあって、「前回(の映画)が4年前。(今は)平昌五輪で盛りあがってますけど、(選手同様に)培った経験がものいうと思います。(夏季が)2年後もありますし、冬季限定な理由はないですから、鍛錬して精進してすてきな映画を届けられるように頑張ります」と次なる映画出演に意欲を見せた。

釜山国際映画祭 アジア映画の窓部門「キム・ジソク賞」

DVD/Blu-ray

発売日:2018年8月29日

◆ 封入特典
ブックレット「羊の本」(16P)
◆ 特典DVD
「メイキング&イベント映像集」
錦戸亮ほかキャストたちのインタビュー
完成披露試写会や直前イベント、初日舞台挨拶、大ヒット記念舞台挨拶
海外特派員向け記者会見や台湾公開記念舞台挨拶の模様
「錦戸亮&吉田大八監督によるビジュアルコメンタリー」 :錦戸亮と吉田大八監督が「羊の木」の裏話を語りつくす

DVD

Blu-ray

番宣情報、インタビュー

番宣情報は、▼別記事▼にて

吉田大八監督のインタビュー

  • 錦戸亮は、受け身のセンスと誠実なかわいさを持つ役者 – 監督は語る

    マイナビニュースより

    ◆ 錦戸亮の印象
    彼の演じた月末という役は、個性の強いキャラクターたちに囲まれて、彼らが移住してきたことで起こる新しい事件など、特殊な状況に、普通の人間として向き合わなければならないんです。彼が最初から最後まで、健全な「普通さ」を持ち続けていることが、ポイントになってきます。

    もちろん状況に応じて、人間らしい葛藤や嫉妬もあり、悩んだり傷ついたりもするんだけど、それが異常な域には踏み込まないことが大事で、彼の抑制の効いた演技や佇まいが、映画の軸としては非常に重要でした。彼がぶれないでいるから、逆に他のキャラクターもより際立ってきます。基本的に、錦戸くんは周りの登場人物たちから攻められ続けながら、しっかり真ん中にいて、どんどん普通の人間として輝きを増していくんですよね。見事でした。こういう俳優は本当に貴重だと思います。

    ◆ 撮影現場での様子
    撮影しながら感じたのは、相手に応じて、ごく自然に違う受け身をとれるセンス。共演者の間合いやその場の空気を反射したうえで、正確にドンピシャな答えを出す確率が非常に高く、監督としては非常に助かりました。基本ができていれば、もっと深いところまで一緒に掘れるじゃないですか。「じゃあこういうのも試してみよう」というトライもできて、演出していて楽しかった。

    完成披露試写会ではファンの方から「かわいい」と言われていましたが、まあ、僕にとっても息子のような年齢だし、かわいいですよ(笑)。彼の出ているバラエティ番組をあまり見たことがなかったのですが、撮影が終わってから見る習慣がついて、いつのまにか関ジャニ∞のファンになっちゃいました。最近また映画のプロモーションで会うようになり、撮影していた頃とはまた違う魅力も感じるようになりました。33歳の男としてのマナーも備えつつ、ファンの気持ちにも誠実に応えるというバランスを、すごく繊細に、でも自然に保っていられるところは、若いのに素敵だなと思います。

  • 監督と主演が語る”異物”たちのアンサンブル

    映画ナタリーより。インタビュー内容はリンクからオリジナルサイトでご確認いただけます。

    吉田大八インタビュー
    ・作品全体を覆う不穏さに惹かれた
    ・「羊の木」ではちょっと新しいことをやれた
    ・音楽に近付くために映画を作っている
    ・錦戸くんと出会えたのは本当に幸運

    錦戸亮インタビュー
    ・オファーを受けた際の心境は?
    ・月末という人物をどのように捉えて演じましたか?
    ・吉田監督の演出で印象に残っていることは?
    ・元受刑者を演じた方々との共演はいかがでしたか?
    ・松田さん扮する宮腰と月末の関係性が物語の重要な軸に。
    ・最後に、これから映画を観る方へメッセージを。

  • 引っ越してきた男女6人は全員“元・殺人犯”だった – 吉田大八監督インタビュー
     ガジェット通信
  • 松田龍平、人間の枠超えた演技で観客にざわつき残す – 監督は語る
     マイナビニュース

錦戸くんのインタビュー

錦戸亮 俳優であることへの“無意識”が生み出すナチュラルな存在感

原作者:山上たつひさん、いがらしみきおさんのインタビュー

「主役が人気アイドル、一抹の不安があった」錦戸 亮 主演映画『羊の木』。原作:山上たつひこ&いがらしみきおのコメント公開
 エンタメステーション

その他関連記事

日本外国特派員協会での会見

羊の木-外国人特派員会見-錦戸亮

ジャニーズのネット画像解禁第1号!!

ロケ地、魚津市で月末体験!

▼魚津市のサイトからMAPのPDFがダウンロードできます!
映画「羊の木」ロケ地マップ|魚津市


▼その他の映画については、こちらの一覧からご覧いただけます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

PAGE TOP