シングル

関ジャニ∞2ndシングルは「大阪レイニーブルース」4人だけでMV撮影?!

関ジャニ∞2ndシングル「大阪レイニーブルース」

2005年3月2日、デビュー曲「浪花いろは節」から5ヶ月、2ndシングル「大阪レイニーブルース」が発売。まだ20代前半の関ジャニ∞が大人びた曲をしっとりと歌い上げています。カップリングは大人気の「Heavenly Psycho」と聞き応えのある1枚です。

推定売上枚数:17.6万
オリコン最高位:4位

大阪は雨の街「大阪レイニーブルース」

大阪レイニーブルース-ジャケット
作詞:MASA
作曲・編曲:馬飼野康二
歌詞と歌割りページ
エレキギターが窓を伝う雨雫を表現するような哀しい音を鳴らすイントロから、錦戸くんや渋谷くんのソロとアコギのカッティングが切ない。アイドルの2ndシングルにしては渋い曲で、当時首位は取れませんでしたが、改めて聞くと秀逸な作品です。40代50代になったエイトが、年を重ねて歌ってくれたらますますこの曲の魅力が輝きそうで、楽しみです。

メンバー4人でMV撮影?!

大阪レイニーブルースのMV撮影は、突然召集がかけられ、集まったメンバーは横山くん・丸山くん・安田くん・大倉くんの4人。「本当にやるの??」と思いながらも、撮影を強行。その内容は道頓堀を歩き川沿いでたこ焼きを食べるというもの。結局、やっぱダメだとお蔵入りになったと。2014年7月2日の「1番SONGショー」でそのお蔵入りになった映像が公開されました。

大阪レイニーブルースはここで見れます

デビュー当時はもちろん、記念周年ライブでも必ず当時の衣装で披露してくれたり、単独ライブなどでもしっとり聞かせてくれたりしています。
テレビ
・2005/4/12 NHK歌謡コンサート
・2005/3/13 Ya-Ya-Yah
・2005/3/09 速報!歌の大辞テン
・2005/3/04 ミュージックステーション
・2005/3/04 音楽戦士 MUSIC FIGHTER
・2005/2/25 ミュージックステーション
ほか
[番外編]
・2014/7/2 1番ソングSHOW 1位をとったアーティスト大集合!名曲のヒミツ大告白2時間SP
横山くんと丸山くんが「お蔵入りMV」の話題とそのMVが公開

ライブ
・渋谷すばるLIVE TOUR 2015
・テレビ朝日ドリームフェスティバル2014
十祭
・KANJANI∞ LIVE TOUR!! 8EST 〜みんなの想いはどうなんだい? 僕らの想いは無限大!!〜(ドーム/アリーナ/スタジアム)
関ジャニ∞TOUR 2∞9 PUZZLE(ドーム/アリーナ)
OkuraTadayoshi concert 2008
渋谷すばる with 大倉BAND
関ジャニ∞ えっ! ホンマ!? ビックリ!! TOUR 2007
関ジャニ∞ えっ! ホンマ!? ビックリ!!ドームコンサートin大阪
関ジャニ∞ KAN FU FIGHTING 全国ツアー 2006 第2弾
関ジャニ∞ 全国1-st Tour 2∞6
関ジャニ∞ Concert Tour 2006 Funky Tokyo Osaka Nagoya
錦戸亮LIVE
関ジャニ∞サマースペシャル2005,前夜祭

カップリングは関ジャニ∞メンバーもお気に入りの曲!

発表以来ずっと人気の曲「Heavenly Psycho」

『Heavenly Psycho』
作詞:TAKESHI
作曲:Julius Lars Bengtsson、Henric Per Hugo Uhrbom
編曲:吉岡たく
歌詞と歌割りページ
ささやくようなイントロから、サビのポップなテンポへの流れがよく、大山田バンドの見せ場から一転、静かに大倉くんのソロ。ラストの渋谷くんと錦戸くんの輪唱は、自身が音楽を楽しんでいるのが伝わってくる。のちに「侍唄(さむらいソング)」のカップリングとして、別versionを撮り直しているほど、大人気かつメンバー自身もお気に入りのエイトを代表する名曲。

Heavenly Psychoが披露されたライブは

人気曲だけに多くのライブで披露してくれています。
ライブ
関ジャニ∞の元気が出るLIVE
・KANJANI∞ LIVE TOUR!! 8EST 〜みんなの想いはどうなんだい 僕らの想いは無限大!!(スタジアム/ドーム)
KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ!全員集合
渋谷すばる with 大倉BAND
錦戸亮LIVE
関ジャニ∞サマースペシャル2005 前夜祭
関ジャニ∞ X’masパーティー2004

後記:
改めてじっくり聴き考えてみると、デビューしたての20代前半のアイドルのシングルとしては、大人びていて渋い。演歌レーベルが故だろうか。確かにライブで盛り上がる!という曲ではないのも、その渋さからでしょう。そしてある意味、伝説を残した大阪レイニーブルースはこれからもエイターの心にどんどん響き、大人エイトと一緒に渋さを増していくことでしょう。
Heavenly Psychoは確かにシングル曲になる曲ではないかもしれない。カップリングがこそ好きな楽曲ができる。いろいろな大人の事情で思い通りの曲が発表できないこともあるのでしょう、ずっと変わらずこの曲が人気なのもわかる気がしました。

拙いレビューにお付き合いくださり、ありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. ゆかりの地

    錦戸亮ちゃんとつかポンの足跡!ウチの夫は仕事ができないロケ地巡り
  2. biography

    関ジャニ∞バイオグラフィー -2017年|出演情報
  3. アルバム

    関ジャニ∞「ジャム」豪華な楽曲提供陣のパワーとエイトの歌力
  4. ライブ

    関ジャニ’sエイターテインメント ジャム日程,セトリ,WS情報!
PAGE TOP