シングル

結婚式にも使いたい「愛でした。」はストレートな愛情と感謝の歌

関ジャニ∞「愛でした。」

グループ名にちなんだ8周年記念yearの記念すべき第1弾、20枚目シングル「愛でした。」を2012年6月13日に発売。錦戸くん主演、関ジャニ∞全員が実名役で本人役で出演したTBSドラマ「パパドル!」主題歌。10ヶ月ぶりのシングル発売で初動25万枚超えを達成。

推定売上枚数:32.1万(初動売上:26.2万枚)
オリコン最高位:1位

出会いへの感謝をストレートに「愛でした。」

愛でした。-初回限定盤ジャケット作詞・作曲:石原理酉
編曲:大西省吾
歌詞と歌割りページ
*TBS系ドラマ『パパドル!』主題歌

ドラマの主題歌らしい、ハートウォーミングでキャッチーなポップ。孤独や不安に埋もれる日々だった、けれど「君」に会えて、光が差し、明日へつないでいく。8周年という記念すべき年を迎えられたことに対して、ここまで導いてくれた人々への愛情と感謝がいっぱい感じられ、ストレートにその気持ちを受け止めたくなる。
素敵な歌詞は、歌詞と歌割りのボタンをクリックで見られます。

テレビ
・2012/6/15 金 ミュージックステーション
ほか
ライブ
関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ
KANJANI∞ LIVE TOUR!! 8EST 〜みんなの想いはどうなんだい 僕らの想いは無限大!!(スタジアム/アリーナ/ドーム)
・∞祭

変わっていく空と演奏するエイトが美しいPV

愛でした。PV(画像をクリックすると大きな画像が見られます。)

”居場所なんて無いんだ 味方など何処にも居ないんだ”と、ひねくれていた日々を表現する主人公をそれぞれが演じていて、そのBGMにバンドスタイルのエイトが演奏していて、だんだん晴れやかになっていく空と同じように清らかな笑顔になっていくのが素敵です。

メイキングでは、監督さんのリクエストに1発で応えていくエイト。写真撮影ももちろん慣れたもので、ソフトに取り込まれる写真たちの美しいこと!
愛でしたpv-2
このスカジャン、ほんとかわいい!

カップリングにも「愛」がたくさん


愛でした。-通常盤ジャケット

カップリングは3曲、絶対聞くべき「Merry Go Round」と「ルラリラ」の対照的な2曲は通常盤のみに収録です。

乱れ咲けロマンス

作詞・作曲:木村有希
編曲:大西省吾
歌詞と歌割りページ

歌謡テイストなロックがエイトらしく、村上くんの力強い歌い声が、強引な歌詞にさらにエモーショナルを与えていて、ギター・フレーズとともにいっそう激しいサウンドがカッコいい。

Merry Go Round

作詞・作曲:TAKESHI
編曲:久米康隆
歌詞と歌割りページ
*通常盤のみに収録

冒頭「Merry Go Round」のコーラス・ワークは何度聞いても、楽しめる綺麗ポップ。なんでもない毎日を大切な人と過ごすことの素晴らしさを素直に綴った、心温まる愛の歌です。

ルラリラ

作詞・作曲・編曲:葉山拓亮
歌詞と歌割りページ
*通常盤のみに収録

イントロから緊張感たっぷりで、”紳士淑女たちの世界”などの歌詞がどんな世界なの?とゾクゾクしてしまう。”ルララルララルラリラ”の呪文は、秘密だけど挑発しているようで、妄想を掻き立てられます。艶っぽい歌い方もエイトの幅の広さを感じる曲です。

後記:素直にストレートな心地よい愛から、強引な愛、秘密の愛と、1枚でいろんな愛を楽しめます。
ルラリラは、歌うときにはルラリラと歌えるけど、タイトルを言うときは「ルリルラ」って言ってしまうpinoです。どうでもいいですね・・。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. ゆかりの地

    錦戸亮ちゃんとつかポンの足跡!ウチの夫は仕事ができないロケ地巡り
  2. ライブ

    関ジャニ’sエイターテインメント ジャム日程,セトリ,WS情報!
  3. アルバム

    関ジャニ∞「ジャム」豪華な楽曲提供陣のパワーとエイトの歌力
  4. biography

    関ジャニ∞バイオグラフィー -2017年|出演情報
PAGE TOP