シングル

関ジャニ∞「応答セヨ」はエイト限定盤に「Sweet Parade」PVも!

関ジャニ∞「応答セヨ」

2017年11月15日発売の関ジャニ∞40枚目シングル「応答セヨ」。丸山隆平くん初主演の映画「泥棒役者」の主題歌です。ポルノグラフィティの新藤晴一さん作詞と、前作「奇跡の人」のさだまさしさんに続き、ビッグアーティストによる楽曲提供です。

推定売上枚数:初週23.3万枚、初動3日18.9万枚
オリコン最高位:1位
ビルボード:1位

応答セヨ、隆平?流星!

応答セヨ-通常ジャケット作詞:新藤晴一
作詞:中野領太
歌詞と歌割りページ

スローながら重厚なイントロハーモニーから、ポップで疾走感のあるテンポに切り替わり、丸山くんの爽やかなボーカルで始まるのが、主役感がより増します。サビの「応答セヨ 流星」は「隆平」とかけていますよね?新藤晴一さん、洒落てます!!
映画の内容に合った子供の頃に抱いたピュアな気持ちを、今も抱き続けてがんばる心が素直になる曲です。

テレビ
・2017/12/6 2017FNS歌謡祭 第1夜
・2017/11/19 CountDownTV
・2017/11/17 バズリズム02
・2017/11/17 ミュージックステーション
ほか
ライブ
関ジャニ’s エイターテインメント GR8EST
関ジャニ’s エイターテインメント ジャム

[歳末ジャイアント∞くじ:奇跡の人、応答セヨ、アルバムジャム]
・一等賞:ジャムパーカー
・二等賞:ジャイアントポスター
・参加賞:待受画像

[応答セヨ購入者特典”抽選セヨ”]
・A賞:オリジナルエイトトートバッグ
・B賞:ミニクリアファイル
・C賞:チェンジングしおり
・∞賞:∞ステッカー

初回限定盤には「応答セヨ」MV

応答セヨ_初回限定盤ジャケット<初回限定盤>
「応答セヨ」Music Clip & メイキング映像

丸山くんを囲んでバンドスタイル

応答セヨ-pv

丸山くん主演映画の主題歌ですから、丸山くん中心のMusic Videoです。しかしこの曲はバンドスタイル、丸山くんはベースでポジションは左端。どうなるか?の答えは、サークルの中心に丸山くんという本当に”センター”。
映画「泥棒役者」で丸山くんの役の子供の頃を演じてくれた子役さんと優しく話す丸山くん、Sweet Paradeの木琴を練習する横山くん、ペダルなしのデモキーボードに少し戸惑う村上くん、ギターの弦が切れていて本気で謝る錦戸くん。真剣な撮影の様子と感謝がいっぱいのメイキングは、いつも通りのエイトが見られてホッとします。

カップリングは話題の2曲

1曲はフジテレビめざましテレビ主催ハロウィンパレード「T-spook」テーマ曲として、めざましテレビで放送された途端、話題沸騰のSweet Parade。もう1曲は安田くんのソロパートの多いバラード。

エイト限定盤:「Sweet Parade」

応答セヨ-エイト限定盤ジャケット「Sweet Parade」
作詞:松原さらり
作曲:南田健吾
歌詞と歌割りページ
フジテレビめざましテレビ主催ハロウィンパレード「T-spook」テーマ曲

ハロウィンパレードに合ったキラキラした音のファンタジーな世界が、ソロパートと時にかかる上ハモでミステリアスに描かれていて、サビの全員歌唱の厚みでは、夜が更けお化けたちが「甘いお菓子」を求めて街に繰り出す雰囲気が繰り広げられる。メロディーは爽快でリズミカル、体が自然に横揺れしてしまうよう、たくさんお菓子を持って甘いパレードに繰り出そう!

ライブ
関ジャニ’s エイターテインメント GR8EST

エイト限定盤は、関ジャニ∞がおじいちゃんに「Sweet Parade」

sweet-parade-pv

(画像はクリックすると大きな画像が見れます。)

90歳くらいになったエイトが音楽を弾いていると、だんだん若返るというPVです。個人的に木琴を頑張る横山くんのお茶目さにかなりハマっています。
おじいちゃんのエイトもおじさんのエイトもやっぱり大好きだー!と実感し、この姿を見られるように長生きしましょう。でもそして、やっぱりおじいちゃんから若返り、今のエイトになったときに「おかえり!」っと、ぱぁーっと明るい気持ちになり、改めて今のエイトもたくさんたくさん堪能しよう!とも思う。
メイキングは、コント風になると本領発揮の渋谷くんの面白さが炸裂!「老人」と言われると「誰が老人じゃ」と怒るおじいさんトークを丸山くんと繰り広げ、スタッフさんも本気で笑ってます。
おじいちゃんたちは、ゆっくり弾いているのかと思いきや、逆に倍速で撮ってゆっくり再生という撮影方法で、おじいさんたちが一生懸命ダッシュで演奏しているのは、思わず笑みがこぼれます。

通常盤:「Steet Blues」

応答セヨ-通常盤ジャケット「Street Blues」
作詞:SHIKATA
作曲:SHIKATA、KAY
歌詞と歌割りページ
*通常盤のみ収録

タイトル通りブルージーな曲。大人でしっとりしたミディアムテンポを一人ずつ歌いつなぐ様子は、ジャズバーのショータイムで一人ずつ登場するかのようなシーンが浮かんできます。安田くんがメインヴォーカルをとっているパートが多く、安田くんの細くささやくような優しい声にうっとりします。

後記:
丸山くんの主演映画の主題歌はキリのいい、40枚目のシングル。PV映像が、どこかの国のバベルの塔的なところのてっぺんにエイトがいて円形に演奏しているのですが、むかし寝ている時に見た夢で、「険しい山のてっぺんでエイトがライブを開催し、その崖のような山を登った者だけがエイトのライブを見られる」設定にすごく似ていた!険しい山でも遠い海外でも、ついていきます!エイトも私たちも、いくつになっても!

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

  1. ゆかりの地

    錦戸亮ちゃんとつかポンの足跡!ウチの夫は仕事ができないロケ地巡り
  2. biography

    関ジャニ∞バイオグラフィー -2017年|出演情報
  3. ライブ

    関ジャニ’sエイターテインメント ジャム日程,セトリ,WS情報!
  4. アルバム

    関ジャニ∞「ジャム」豪華な楽曲提供陣のパワーとエイトの歌力
PAGE TOP